価値のある骨董品を見分ける方法

保管方法

骨董品買取は全国各地に専門家が鑑定をしてくれる店舗があり、そこに売りたい品物を持ち込むことによって売買が成立します。

最近では持ち込みの他にも電話やメールでの鑑定や宅配鑑定、店によっては自宅まで品物を買取に来てくれる出張鑑定を実施しているところもあります。

骨董品として買取してくれるものはアンティークや掛け軸、陶磁器などの器、さらに古銭や翡翠、象牙なども対象となり鑑定の対象は多岐にわたります。しかし骨董品買取の際になるべく質のよい状態で、高値で買い取ってもらうためには品物をとにかく良い状態で鑑定に出すことが大切です。特に日本は湿度も高いので部屋に放置していたり押入れなどの中に入れておくだけではどんどんと湿気がつき、布製品や掛け軸などの紙資本の骨董品は水滴がついてしまいカビが生えたり濡れたところから穴が開いて最悪の場合、売れるような状態ではなくなってしまいます。

骨董品の保存方法や室内に飾っておく場合でも湿気と水滴には細心の注意を払い、せっかくの骨董が劣化しないよう綺麗に維持することが大切といえます。

雨の日の骨董の持ち出しも同様、濡れてしまうリスクがあるのでなるべく控えることが望ましいです。

Copyright(c) 骨董品の買取りを真剣に考えてみる All Rights Reserved.